Blog de Maki

  • 憧れのフレンチカントリーシリーズ-Vol. 32

    Posted on July 27, 2015 by


    こんにちわ!

    フランス雑貨ショップ

    Comptoir de Maki

    まきです!

    --------------------------------------------------

    テーマカラーがエクリュ(ベージュ)の

    ナチュラルで

    センスのいいお宅のレポタージュです

    1885年に建てられたこの家をみてすぐ

    ブルーノとヴィルジニアは

    その可能性を見抜きました

    建物が母屋と二つの納屋そして

    パンを約釜がある小屋に別れており

    いろんな事ができると考えたのです

    でも、かなりのレノべーションの労力がかかったようです

    庭に土はすべて入れ替えて均一の高さに揃えたり、

    床を虫をよせつけないチェストナット製に変えたり

    窓を二重窓に変えたり

    ダクトを取り替えたり

    モダンでエコロジカルなインテリアにする事が

    二人には重要だったそうです

    色は徹底的にナチュラルカラーの

    ベージュとグレーで抑えている

    大人カンパーニュシック

    真似できないレベルだ!と

    思ってしまいました

    ロココのような曲線がない家ですが

    素敵ですね

    --------------------------------------------------

    いつも、コントワール・ドゥ・マキを

    フランス雑貨ショップのランキングに

    投票してくださって

    本当にありがとうございます!

    Comptoir de Makiのfacebook page
    いつもプロヴァンスの素敵な写真をアップしています!

    facebookでもブルネッティまきと繋がってください!


    This post was posted in 憧れのフレンチカントリーシリーズ

  • FFTN: フランス人が食べるバター

    Posted on July 20, 2015 by


    こんにちわ!

    フランス雑貨ショップ

    Comptoir de Maki

    まきです!

    --------------------------------------------------

    FFTN:フランス人はフレンチを食べない!

    まえまえから

    「フランス人はフレンチを食べない!」シリーズで

    書きたかったのが

    このバターについてです

    私がフランス人と結婚しているというと

    まず、

    家ではフランス語で話すのかと聞かれ

    そしてフランス料理が作れるのかと聞かれます

    そして

    なぜか

    話題にもなっていないのに

    エシレの話をする人が多いいのです

    ???

    「やっぱり、バターはエシレだよねー」

    「うちではエシレでパンいただいています」

    「この間フランス行った時エシレバター買った」


     

    みんなの頭が

    フランス人の食べるバター=エシレになっているのです

    これめちゃ違います

    夫の家族は倹約家で

    高級品あまり買いません

    乳製品がいっぱいあるフランス

    普通の値段のバターもおいしいです

    エシレは普通の2倍ぐらいの値段

    多分一回も買った事ないかも

    だってフランスのスーパー

    バターのコーナーがこんだけ広いのです

    これ全部バターです

    たぶんAOCの高級バターは

    エシレ以外にもあると思います

    フランスのバターって

    マーガリンみたいに冷蔵庫にいれても

    柔らかいのがあるのです

    Beurre doux

    というタイプ

    一般的なフランスの家庭では

    こんな普通のメーカーが作った

    バターで朝ごはんしてまーす!

    旦那さんもエシレしらんかった^^

    我が家では雪印の北海道バターです

    --------------------------------------------------

    いつも、コントワール・ドゥ・マキを

    フランス雑貨ショップのランキングに

    投票してくださって

    本当にありがとうございます!

    Comptoir de Makiのfacebook page
    いつもプロヴァンスの素敵な写真をアップしています!

    facebookでもブルネッティまきと繋がってください!


    This post was posted in フランス人はフレンチを食べない!

  • Le weekend

    Posted on July 12, 2015 by


    こんにちわ!

    フランス雑貨ショップ

    Comptoir de Maki

    まきです!

    --------------------------------------------------

    以前一緒に

    働いてた同僚が

    アメリカから息子さんと

    里帰りされ

    我が家で

    一泊してもらいました!

    たくさん

    お話しして

    とっても楽しい週末でした!

    写真撮るの忘れて

    この一枚だけ

    来週もがんばるぞ!

    --------------------------------------------------

    いつも、コントワール・ドゥ・マキを

    フランス雑貨ショップのランキングに

    投票してくださって

    本当にありがとうございます!

    Comptoir de Makiのfacebook page
    いつもプロヴァンスの素敵な写真をアップしています!

    facebookでもブルネッティまきと繋がってください!


    This post was posted in ブルネッティ家の食卓

  • カタログからご注文スタート!

    Posted on July 5, 2015 by


    こんにちわ!

    フランス雑貨ショップ

    Comptoir de Maki

    まきです!

    --------------------------------------------------

    フランス人

    ボアズリー(木工)職人に

    よるレリーフ、

    大変DIY女子に好評いただいております

    いまは、DIYブーム

    そしてリフォームブームで

    本当にレリーフが売れない日がありません

    そんなレリーフですが

    実は500種類ほどあるのです

     Comptoir de Makiで扱っているのは

    ほんの一部

    新サービスとして

    20,000円以上のご注文に限り

    お好きなレリーフをカタログから

    お選びいただき

    それを入荷させます。

    レリーフ・カタログダウンロード:リンク

    75ページの

    素敵な

    レリーフをご自分で

    選んでくださいね!

    皆様のすてきなレリーフ使用例

    この素晴らしい

    コンソール

    317番二つ

    220番二つ

    プレーンなコンソールにつけるだけで

    近いものになりますよね

    ダビッドの作る

    レリーフは

    本当に曲線が綺麗で

    やさしい波動

    きっと皆様の満足のいく仕上がりになると信じます!

    --------------------------------------------------

    いつも、コントワール・ドゥ・マキを

    フランス雑貨ショップのランキングに

    投票してくださって

    本当にありがとうございます!

    Comptoir de Makiのfacebook page
    いつもプロヴァンスの素敵な写真をアップしています!

    facebookでもブルネッティまきと繋がってください!


    This post was posted in Comptoir de Maki情報, DIY, お客様のリメイク

  • 後遺症、ってかいつもの怠け病

    Posted on July 4, 2015 by


    こんにちわ!

    フランス雑貨ショップ

    Comptoir de Maki

    まきです!

    --------------------------------------------------

    先日三日連続で

    頼まれたブログを書いて

    だれーっとしております

    ってか

    いつもか

    ボンボニエール

    庭のイチジクが

    今年はすごい早いうちに実をつけ

    そしていまその実が

    半端なく大きく成長しています

    私たちが元気だと

    植物も大きくそだつのかなと

    不思議におもいました!

    ようやく

    キョウチクトウ

    フランス語でLaurie roseをうえましたー

    今夜ものんびり

    映画みたり

    イチジクのジャム作っています

    毎日

    うれしいメールや

    ご注文ありがとうございます!

    --------------------------------------------------

    いつも、コントワール・ドゥ・マキを

    フランス雑貨ショップのランキングに

    投票してくださって

    本当にありがとうございます!

    Comptoir de Makiのfacebook page
    いつもプロヴァンスの素敵な写真をアップしています!

    facebookでもブルネッティまきと繋がってください!


    This post was posted in ライフ(フランスの家族、私たちの生活)

  • FFTN: 夏はアイオリ

    Posted on June 28, 2015 by


    こんにちわ!

    フランス雑貨ショップ

    Comptoir de Maki

    まきです!

    --------------------------------------------------

    FFTN:フランス人はフレンチを食べない!

    フランス人が

    よく夏に食べるものに

    Aioliがあります

    簡単で食欲が落ちガチな夏でも

    軽い食事なので

    おすすめです

    アイオリソースは

    マヨネーズ + にんにく

    プロヴァンスでは

    毎回マヨネーズを

    家庭で食べる分だけつくります

    カフェオレボールとかに

    刻んだガーリックをいれ

    オリーブオイルと

    卵黄をひたすらフォークで

    混ぜるとできるのです

    本当はたらのようなお魚を一緒に食べるですが

    今回は冷蔵庫にあるもので、、、

    冷えたロゼとどうぞ!

    参考までに

    これがフランスで食べるアイオリの画像です

    --------------------------------------------------

    いつも、コントワール・ドゥ・マキを

    フランス雑貨ショップのランキングに

    投票してくださって

    本当にありがとうございます!

    Comptoir de Makiのfacebook page
    いつもプロヴァンスの素敵な写真をアップしています!

    facebookでもブルネッティまきと繋がってください!


    This post was posted in フランス人はフレンチを食べない!

  • 「こころとからだの平和」のバトン 最終日 人生の意味

    Posted on June 23, 2015 by

    「こころとからだの平和」のバトン

    最終日 人生の意味

    昨年の春「かみさまとのやくそく ー胎内記憶を語る子供たちー」を観ました。
    映画はドキュメンタリーでナレーションさえありません。
    ただ、胎内記憶を語る子供たちと、お母さんたちのインタビュー。
    子供たちの語る話にとにかくびっくりしました。
    映画が終わるころには、すすり泣きが聞こえてきました。

    簡単にいうと、子供は母親を選び、
    その母親を幸せにするために産まれてきたというのです。

    ただランダムな偶然で私たちはこの世にうまれたのではなくて
    母を選び、母をそして周りの人を幸せにするという目的を
    産まれたなんて、本当にうれしくなりました。

    この映画は自主上映で国内各地で上映されています。
    上映スケジュールを確認してぜひぜご覧になってください。
    産まれてくる赤ちゃん、我が子、自分、自分の母親について
    考えるきっかけとなるとおもいます。

     かみさまとのやくそく』(2013年/日本語/114分)

    出演:池川明、南山みどり、大門正幸、飛谷ユミ子、かがみ知加子 他
    製作・撮影・編集・監督:荻久保則男
    制作:『かみさま との やくそく』実行委員会
    公式ホームページ http://norio-ogikubo.info/

    異次元の世界の事はまだ多くがわかっていませんが、
    私はいままで立花隆さんや、エリザベス・キュブラーなど
    海外の臨死体験の本を多くよんできました。

    多くの臨死体験者が
    死は怖いものではないといいます。
    逆に「完璧な幸福感」につつまれる体験だそうです。

    私の母はくも膜下出血で三日間
    死との境界線をさまよいました。
    三日目に目を覚ました母は
    赤ちゃんのように澄んだ目をして
    最高の笑顔でニッコリと笑いました。

    それからの母は、まるで神様との約束をおもいだしたかのように
    いつもニコニコして
    周りの人にありがとう、ありがとうと言って
    感謝に溢れたすてきな人生を全うしました。

    強いうつ病の薬を飲んでいて
    神からのメッセージを受けれるようになった
    雲黒斎さんのビデオ、「あの世の仕組み」によると、
    私たちは生まれて来る前は言葉もつ必要がなかったそうです。
    テレパシーのようなものでみんながわかりあえたそうです。

    この世の中の問題の根元は
    「分かり合えない」事からきているそうです。
    みんなが分かり合えれば
    親子喧嘩も、紛争や戦争なないかもしれないのです。

    世界中の人々に大きな目覚めを呼び起こすという理由から、
    フランスで上映されない不思議な映画があるのです。

    貨幣制度がなく、自分の得意で好きな事をそれぞれがやり、誰もが協調のうちに暮らし、みんなが幸福で互いに助け合い、何でも分かち合い、お金の必要がなく、自然と共に暮らす星があります。何十年に一回地球に誰かを派遣するのですが、地球人はいまだに戦争などして野蛮で遅れた星なのでだれも行きたがりません。地球人とのハーフの女性が立候補しパリの町に突然あらわれ、地位や権力に目がくらんだ地球人に次々に影響を与えるといったストーリです。マリオン・コティヤールも出ているような最近の映画です。

    彼らはテレパシーも使う事ができます。もちろん
    自然破壊などされていないそれはそれは美しい星です。
    朝目覚めると大人も子供も泳いだり体を動かす「遊び」をします
    午後は哲学、数学など勉強をします。食べ物は野菜、フルーツやナッツなどで、
    食べる事のために時間をついやしません。
    最近俳優さんが30日の不食をされましたが、
    食べなくても死なないなら、お肉、小麦を食べる必要はないですよね。
    ということは飼育したり、農耕をしたり、食物を得ることに時間とエネルギーをつかわなくていいのです。

    地球に派遣された宇宙人は
    地球人をみて「いまだに貨幣制度を使ってる」とか
    自動車をみて、「大昔の乗り物にまだのってる」とか
    地球がめちゃめちゃ、遅れた星みたいな扱いで
    本当におもしろいストーリーなのです。

    もちろん、電気も原発も戦争もテロリズムもありません。
    理想郷をみせられたような映画でした。

    フランスって、美術や食事だけじゃなくて
    精神世界も進んでいますね。

    映画『美しき緑の星』
    1996年、フランス
    コリーヌ・セロー監督・主演

    赤ちゃんが産まれてすぐ泣くのは
    あの世から、こちらに来てしまうと
    もうテレパシーが使えなくて
    誰にも気持ちをわかってもらえないからと聞いた事があります。

    言葉を使うしか分かりあえない条件で
    人がこの世に産まれるというのは
    とても重要な意味があると思います。
    言葉や文化が違うという条件で
    争いのない星をつくれば、
    宇宙の基準で合格点なのでしょうか。

    私たちはこの人生で多くの喜びを追求し
    傷つくことを恐れず、愛するためにこの世界にきたのだとおもいます。
    どのぐらい幸せって、震えるるぐらい感動するほど(笑)

    三日間、お付き合いいただきありがとうございました。

    -----

    そして、このお二人にバトンをつなぎます。

    かんどう じゅんやさん
    心屋塾で一緒に、「こころ」を勉強している仲間です!
    6月25、26、27日に書いてくださいます。

    facebook: https://www.facebook.com/nazo.junchan
    ブログ http://ameblo.jp/kando-counselling/entry-12040067309.html

    荻 久保 則男監督
    映画「かみさまとのやくそく」ー胎内記憶を語る子供たちーを製作、撮影、編集、監督をされました。
    6月28、29、30日に書いてくださいます。

    ホームページ http://norio-ogikubo.info/
    facebook https://www.facebook.com/norio.ogikubo?fref=ts 

    バトンをお引き受けいただき、心より感謝しております。

     

     

    --------------------------------------------------

    いつも、コントワール・ドゥ・マキを

    フランス雑貨ショップのランキングに

    投票してくださって

    本当にありがとうございます!

    Comptoir de Makiのfacebook page
    いつもプロヴァンスの素敵な写真をアップしています!

    facebookでもブルネッティまきと繋がってください!

     

     

     

     


    This post was posted in Comptoir de Maki情報

  • 「こころとからだの平和」のバトン 第2日目 宇宙の法則

    Posted on June 21, 2015 by

    2日目 宇宙の法則

    まずこのビデオをみていただけますでしょうか。

    惑星を大きさで並び替えたビデオです。
    地球の小さいこと、小さい事。ホコリぐらいの大きさです。
    私たちの銀河内には2000億の惑星があるそうです。
    私たちは2000億分の1。

    そしてそんな銀河が5000億あるそうです。

    2000億 x 5000億!

    どんなに文化が進化していると人間が自負しても
    私たちの知らない事が多くあると断言しても言い過ぎでないとおもいます。
    私たちはどう背伸びしても、宇宙の一部分にすぎないのです。

    宇宙レベルで考えると
    共通しているものは原子の波動だと思います。
    波動はすべての物がもっています。

    私たちの体にも電気が流れています
    だからスマートフォンのスクリーンを指で操作できる。
    私たちの体をつくる細胞の核にエレクトロンが流れ
    バイブレートしているのです。

    私たち人間の信じる科学や宗教を超えて
    なにかの法則があるなら
    波動(バイブレーション)だとおもいます。

    似たような波動同士が呼応するのが
    この宇宙の唯一の仕組みかとおもいます。

    「引き寄せの法則」とよく耳にしますが
    私はこの本を読んで本当の引き寄せについてよく理解することができました。

    サラとソロモン

     

    サラとソロモンは、ある日言葉を話す不思議なふくろうのソロモンが現れ、
    サラは幸せな人生を送る法則を学んでいくというストーリーです。
    <サラとソロモンより>

    「君の幸せは、周りの状況で決まるものなの?」
    「君の幸せが他の誰かがやったりやらなかったりすることにかかっている時、君は罠にはまっているんだ。なぜなら、他の人々が考えることや行なうことを、君がコントロールすることはできないからさ。でもね、自分の喜びは他人にかかっているのではないということがわかったら、その時には本当に自由になれるんだ」

    この本の著者のエスターとジェリーヒックスの他の本も
    オーディオブックをiphoneにダウンロードして
    何回も何回も聞いて楽しんでいます。
    子供がいたら絶対読んでほしい一冊です。

    引き寄せの方とは「自分と同調するものが引き寄せられる」というもの。

    もし幸せな人生を送りたいなら、いま幸せな「状態」である必要があります。

    もしいま何かが手に入っていないと思えば、入っていない「状態」を
    もしいま不安を感じているなら、不安な「状態」を
    もしいま嫌な感情を物や人に感じているなら、嫌な「状態」を

    宇宙はあなたの気持ちに共鳴して
    そういう事象を答えてくるのです

    生きていると、いろいろと問題が起こるのが常です。
    また色んな違う意見の人に出会います。

    そんな時も、この状態でなにか
    感謝したり、学べたりと受け止め方をかえたりすれば
    もっと幸せな日々が多くなるそうです。

    この考えを知ってから
    どんな事をやっているときも楽しむようにしています。
    目の前の仕事を、
    目の前の人を。

    辛い出来事も
    これは私を最強にしてくれる体験と
    感謝してめげないようにしています。

    人って人生98%がうまくいっていても
    そのいっていない2%に注目しがちですよね。

    足らない物にフォーカスせずに
    自分がどれだけ恵まれているかに考えをシフトするようにしています。

    夫の従兄弟が
    貧しい人のお手伝いをするため
    ネパールに一年滞在しました。

    そこで従兄弟が友達になったネパール人が
    「明日一緒に僕の職場にこない?」と言われ
    従兄弟は軽い気持ちで翌朝一緒に行ったのですが
    なんとその通勤とや、道なき道を片道3時間かけいくという物だったのです。
    男性はそれを毎日やっているのです。

    また、飲み水を汲みにいくのにも2時間かかるそうです。
    忘れがちですが、世界の人がどう生活しているかを知ると
    私たちはありえなぐらい恵まれています。

    できるだけいい気分でいる事に勤めています。

    私たちには、なぜ生まれてきたのか

    使命はあるのか。

    これは私が今までいつも考えてきたテーマです。

    明日はそんな事をお話したいと思います

    --------------------------------------------------

    いつも、コントワール・ドゥ・マキを

    フランス雑貨ショップのランキングに

    投票してくださって

    本当にありがとうございます!

    Comptoir de Makiのfacebook page
    いつもプロヴァンスの素敵な写真をアップしています!

    facebookでもブルネッティまきと繋がってください!

     

     

     

     


    This post was posted in ライフ(フランスの家族、私たちの生活)

  • 「こころとからだの平和」のバトン 第1日目 「ない」から「ある」へ

    Posted on June 21, 2015 by


    こんにちわ!

    フランス雑貨ショップ

    Comptoir de Maki

    まきです!

    --------------------------------------------------

    「こころとからだの平和」のバトン

    本日から 三日間「こころとからだ、平和のバトン」というタイトルでブログを書かせていただきます。

    このバトンは 広島市西区太光寺の副住職、東和空さんからの発案で、天城流湯治法、杉本錬堂さんから始まったものだそうです。3日間、心と体について思うところを書き、その後、2人の方にバトンを渡して行くそうです。

    私の所へは翻訳家の山川亜希子さん、詩人であり、舞人の三上その子さん、作家の横森理香そして、ヒプノセラピストのというご縁でやってきました。素晴らしい方々に混じり参加させていただく事を感謝しております。祥子ちゃん、推薦本当にありがとう!

    1日目

    「ない」から「ある」へ

    私の母は小学生の時に
    新しいお母さんを迎える事となりました。
    彼女なりに新しいお母さんに、好きになってもらおうと
    お手伝いしたりして一生懸命新しいお母さんに懐くように努力したそうです。
    でも弟が生まれると
    継母(私の祖母)は母に対して
    露骨な差別やいじめをはじめたそうです。
    母はそれから、ずっと辛い思いをし
    実家にいるのがいたたまれなく高校卒業するとすぐ
    東京へファッションの勉強にいきました。
    母の友人から聞いたのですが、
    母高校生のとき、放課後の部活中、
    ノートに血で「死にたい」と書いていたそうです。
    *
    普段は太陽のように明るいのに
    人に迷惑をかける事を一番おそれ
    自分の事はいつも後回し
    言いたい事もいえない一面もありました。
    そんな母は父ともうまくいかず
    私を一人で育ててくれました。
    *
    そして、母のコピーである私ができあがりました。
    人に迷惑をかけちゃいけない
    でしゃばったりしちゃいけない
    なにか価値のある人にならないといけない
    人の役にたたなくちゃいけない
    *
    なぜなら、
    自分は愛される価値がない
    魅力もない
    仕事もできない
    能力もない
    人に大切に扱ってもらう価値がない
    自分は認めてもらえない
    私を助けてくれる人はいない
    どうせ私なんてと拗ねていじけている
    「妖怪私はかわいそう」に成長していました。
    *
    ないが前提の私は
    大人になってからのほとんどの時間を
    自分をなにかで埋める事ばかりやりました。
    英語を勉強したり
    資格を取ったり
    留学したり
    いい会社に就職したり
    ブランド品を身につけたり
    実物以上に見せる事に必死でした。
    *
    でも、夢や希望が実現しても
    私は決して自分に満足する事はありませんでした。
    ようやく入った会社には
    もっとできる人がいるんです
    頑張る事は決してやめられませんでした。
    恋愛もたくさん失敗しました。
    前提が、愛されていないと思っているから
    告白してくれる人が現れると
    すぐそれに飛びついていってしまいました。
    夫ともそうですねー。
    なんせ、2回目のデートでプロポーズされて
    有頂天になっていましたから。
    *
    実は夫も「ない」が前提の人なんです。
    若い未熟な両親の元に生まれ
    夫はとても辛い子供時代を送り
    私に会うまで、心を開ける人にであった事がなかったそうです。
    *
    私達は「ない」と「ない」同士、
    磁石のマイナスとマイナスがくっつくように
    お互いを求めました。
    結婚してしばらくすると
    早く帰ってきてほしいとか
    こういう友達とは付き合ってほしくないとか
    旦那さんが大好きだからいつもいつも私だけを見ていたほしかったのです。
    愛情の満腹中枢が壊れている私は、
    夫の愛が信じれなかったのです。
    これは夫を苦しめました。
    *
    そして、心が飢えている夫も
    俺を尊敬しろ!
    俺のいう事はいつも正しいんだ!
    自分は価値がある人間なんだーと
    自分の劣等感を振りまきます。
    そして私に愛を求めて、もらえないと
    一人でガッカリして傷ついたり。
    私たち二人はお互いが
    愛を「くれくれ」といいあう
    クレクレ星人だったのです。
    *
    でも、たまたま
    テレビで心屋仁之助さんをみて
    言って心の傷を直すという手法に興味をもち
    この一年半、心理学を勉強させてもらい
    子供の頃から抱えていた「生きづらさ」「不安」が
    だんだんなくなってきました。
    *
    人は子供の頃にしっかりとした
    愛された感をもたないと
    大人になっても愛を求め、
    親が苦労をしているのをみると
    罪悪感をもってしまうものなのですね。
    *
    でも子供の頃の記憶や思い込みは700%勘違いで
    あー見えて母は幸せだったし
    私はいろいろな人に愛されていたし
    私を助けてくれる人はいっぱいいるし
    旦那さんが「妻」に選んだのは私
    旦那さんは、彼精一杯の方法で私を愛していてくれた。
    *
    愛は「ある」と確信してから
    私はかわりました。
    いい奥さんになる事をやめ
    旦那さんを彼らしく自由に生きさせてあげれるようになり、
    ネットショップも「売る」という事を一切考えずに
    自分が楽しむめる事がいい結果を生むと思うようになりました。
    *
    そして、これから何があっても自分は大丈夫と
    心から思えるようになりました。
    今もできていないと所もいっぱい
    ダイエットもまだ
    でもそんな自分のまま幸せになろうと決めたのです。
    あるがままの自分で大丈夫と。
    *
    明日もさらに、 心について書きますね!

    --------------------------------------------------

    いつも、コントワール・ドゥ・マキを

    フランス雑貨ショップのランキングに

    投票してくださって

    本当にありがとうございます!

    Comptoir de Makiのfacebook page
    いつもプロヴァンスの素敵な写真をアップしています!

    facebookでもブルネッティまきと繋がってください!


    This post was posted in ライフ(フランスの家族、私たちの生活)

  • 雑誌掲載のお知らせ「飾り方の工夫と簡単DIYでもっと素敵にガーデニング」

    Posted on June 21, 2015 by


    こんにちわ!

    フランス雑貨ショップ

    Comptoir de Maki

    まきです!

    --------------------------------------------------

    また雑誌に

    Comptoir de Makiをご紹介いただきました!

    Garden & Garden特別編集

    「飾り方の工夫と簡単DIYでもっと素敵にガーデニング」

    6月22日発売より

    全国書店で発売だそうです

    内容すごいです!

    いまDIYが人気ですが

    お庭のDIYテクが満載

    外国の方のお庭も

    お庭のスタイリングから

    小道の作り方

    そしてパゴーラの作りかたまであります。

    私どもが扱っている

    フランス製レリーフについて

    書いてくださいました!

    ぜひご覧になってくださいね

    アマゾンさんより明日から発売

    この本で

    またガーデニング頑張る気持ちになってきいました!

    --------------------------------------------------

    いつも、コントワール・ドゥ・マキを

    フランス雑貨ショップのランキングに

    投票してくださって

    本当にありがとうございます!

    Comptoir de Makiのfacebook page
    いつもプロヴァンスの素敵な写真をアップしています!

    facebookでもブルネッティまきと繋がってください!


    This post was posted in 雑誌掲載のお知らせ

41件~50件 (全572件)

ページ:
  1. 1
  2. ...
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 58