Monthly Archives: May 2011

  • エプロン、エコ・バッグに新柄が入りました

    Posted on May 31, 2011 by Maki

    可愛い柄がまたはいりました。素材は上質のインポート・ファブリックです。プレゼントに、自分用に!

    たくさん柄のあるショッピング・バッグ

     


    This post was posted in Comptoir de Maki情報

  • プロバンスの実家

    Posted on May 30, 2011 by Maki

    プロバンスの家は、とてもカラフルだと思います。主人のご両親はもともとフランス第二の都市、そして食の都リオンの出身です。ですが数年前家族や友達をのこし、太陽をもとめて南仏へ脱出しました。いずれはもっと以南をめざしているようですが、さがればさがるほど不動産の値段があがるそうです。でもAvignonや Aix en Provence も遠くありません。ワインでいうとコート・ド・ローヌのシャトー・ヌフ・ド・パプやジゴンダスの近くです。

    これは義理両親の家のキッチンです。この日はマルシェでかった野菜のサラダと、キーシュ・ローレンがランチでした。キッチンは義理母のデザインで窓からはプールが見えます。このアイランド・キッチンで皆で料理したり、アペリティーフを飲みながらお話したりします。でも私はちびなので、爪先立ちして野菜を切ったりしなければなりませんが、、、

    ご両親はとてもアクティブな方で、友達と集まるのがだいすき!2階に8人いっぺんに泊まれる大部屋もあります。

    車でちょっといくと私の大好きなワイン畑があちこちに広がります。いつかワイン畑がみえるところに住むのが私の夢です。庭に7本の葡萄の苗をうえました、いまの所はその成長をたのしんでいます。


    This post was posted in ライフ(フランスの家族、私たちの生活)

  • フレンチ・リボンとエッフェル塔柄ペーパーバッグ

    Posted on May 29, 2011 by Maki

    こんな可愛いものが昨日入荷しした!ギフ・トラッピングに使ってもいいし、家にこういう雑貨があるだけで女の子はうれしいですよね。Mon Atelierのカテゴリーにアップしました。


    This post was posted in Comptoir de Maki情報

  • フランス語学習

    Posted on May 26, 2011 by Maki

    主人とは、いつも英語で会話をしています。フランス語で話しかけても、へただから英語で返事されるし家では上達は望めません。だからいまチョット休んでいますが、エコール・サンパという学校で勉強しています。

    http://www.ecolesympa.com/

    学校のブログはこちらです! http://france-ginza.blogspot.com/

    最初は自由が丘校にいっていました。たまたまこの学校を創立したマルクのレベルテストをしてもらい、実際の授業はもう一人の創立者パスカルでした。

    パスカルは教えるのがすごく上手!私は男性名詞とか、女性名詞とかにアレルギー反応を起こすことなく、すんなりとフランス語に入ることができました。 毎週学校のドアをあけるとラウンジはプチ・フランスみたいな雰囲気で、フランスという国に何も知識がなかったのでとても興味深々で楽しいひと時でした。とくにこのごろは午後8時ぐらいにスタートのクラスだったから終わると先生とワインのんで雑談したりもしていました。

    その後、ジャン先生、ジュリアン先生、マチアス先生といろいろ違う先生にも習いました。みんーな、すてきな方。いまでもfacebookとかで近況を報告しあっています。

    サンパのいいところは、生徒の数がすくなく、フランス語を話す機会がとても多いいのです。私は中級ぐらいでまだいろんな事がいえないのですが、知っている限りのフランス語を間違っていても並べて話します。そういう訓練が実際フランスに行ったとき役にたっています。先生はちゃんと間違ったところを書き留めていてくれて、後でもっといい言い方を教えてくれます。

    大きくて有名な学校にもかよったのですが、まるで大学の授業みたいだとおもいました。あと生徒が15人ぐらいいて、一人ひとり順番で話す機会が回ってくるのですが、他の14人を待つ時間が結構苦痛でした。恥ずかしがってさっさと答えない人もいるし、イラっちの私には向いていませんでした。

    あと、先生も受付の方も生徒さんも皆さん感じいいです。クラスで友達になったひとも多く、中には一緒にパリへいった友達もいます。なんたってサンパとはフランス語で「感じがいい」と意味ですから!また復学するのを楽しみにしています。

     


    This post was posted in フランス文化について

  • 日曜日のランチ

    Posted on May 25, 2011 by Maki

    先週なんか気が乗らなくて、主人にランチを作ってもらいました。
    肉が大好きな主人、やっぱりステーキでした。ソースにはたっぷりバター入っています。でも、おいしかったです。
    フランス料理に不可欠なチーズ、バター、生クリーム責めで結婚してから本当にデブになりました。

    いまも冷蔵庫にバターが5箱あります!


    This post was posted in ブルネッティ家の食卓

  • はじめまして!

    Posted on May 22, 2011 by Maki

    2006年にピクニックでフランス人の主人と出会い結婚しました。主人はリオン出身ですが、いまはご両親の長年の夢がかない、実家はプロバンス地方にあります。車を走らせるとすぐにワイン畑がひろがります。私はいつも車窓からの景色があまりにきれいなので、一人できゃーきゃー騒いでます。そしておいしいワインも7ユーロなんです。週末にマルシェ(市)がたち、食品、日曜品雑貨、陶器、お花などのお店が永遠と続き、見飽きません。主人の家族は野菜、蜂蜜、チーズ、ソーシソン(サラミみたいなソーセージ)をよくマルシェで買います。スーパーより新鮮でおいしいそうです。まだラベンダーが咲いているときにいったことがないのですが、ラベンダー畑もちかくです。南仏はラベンダー、蝉、オーリーブ、ひまわりが特産品で、これらのモチーフのお土産グッズも楽しいです。ちょっと車を走らせるとルベロン地方です。ルベロンはほんとうにフランス人だけじゃなくて、海外の人も狙ってるほど素敵なところです。美しいワイン畑がひろがり、どの小さな村にもセンスのいいカフェ、レストラン、お土産屋さんがあります。これ以上ルベロンが有名になってほしくないぐらい私たちは大好きです。いつかここに住みたい!フランスは、パリだけでなく地方もとても元気で素敵です!

    現在日本で暮らしています。フランス人の友達もおおくでき、花見、花火大会、バーベキューしたり、居酒屋で集まったり、ホームパーティーへ行ったりしています。

    フランスの両親は2年に一回ぐらいの間隔で来日します。最初「熱い!」といっていたのに、今は温泉好きになって、次回日本で温泉旅行をするのを楽しみにしています。日本にきたら何食べたいとうと、フランス語アクセントで「ぎょーざ!」「お好み焼き」「焼き鳥」「しゃぶしゃぶ」とかいろいろ列挙するので楽しいです。

    という訳で、フランスにいくたびに可愛いもの、素敵なものを目にし、狂っていました。「こんなの日本にない!」「全部買って帰りたい!」と思っていました。たまたま長年勤めた会社を辞めて、人生でやりたいことは何かと模索していたました。以前は外資系企業で英文事務や秘書をしていました。楽しくお仕事をしてきましたが、それが「天職」と感じたことがありませんでした。そしてとうとう漠然とあったショップを持つという夢を現実化させることになりました。義理の母はとてもセンスがいいので、いろいろアドバイスをしてもらいこれからも買い付けがんばります。いま毎日が楽しく、この仕事たどり着くことができてとてもラッキーだと思います。

    趣味は料理と写真です。家にお友達をよんで料理をするのいちばんハッピーなモーメントです。最近カルトナージュやフランス刺繍もやりはじめました。

    これからもよろしくお願いします。

     


    This post was posted in Comptoir de Maki情報, ライフ(フランスの家族、私たちの生活)

6件のページ